グリーンスムージー いつ飲む

グリーンスムージーはいつ飲むと良いのか?解説しています。
MENU

グリーンスムージーはいつ飲むのが良いの!?

グリーンスムージーは、どのタイミングで飲むのが最も効果を感じられるのでしょうか。

 

グリーンスムージーで得られる効果や含まれる成分と共に、いつ飲むのが良いのかなどについて紹介致します。

 

グリーンスムージーで得られる効果

グリーンスムージーを飲むことで得られる効果として、真っ先に挙げられるのがダイエット効果ではないでしょうか。

 

代謝の促進や血行促進などの、身体の健康に良い成分が働きかけるのが理由と言えます。

 

ミネラルが体の新陳代謝を促すことで発汗など汗をかいたり、食物繊維で便秘解消出来ると体重に影響するだけでなく血の巡りが良くなり、むくみなどの解消に繋がります。腹持ちも良いので、食事代わりになることもダイエットに繋がる理由の1つと言えます。

 

ダイエット以外にも、美肌効果やホルモンバランスの調整、血糖値のコントロールなど、美容や健康に良い様々な効果が期待出来ます。ビタミンB1やクエン酸により、夏バテなどの疲労回復にも効果があります。栄養補助ドリンクとしてもおすすめです。

 

グリーンスムージーに含まれる成分

グリーンスムージーではビタミン、ミネラル、マグネシウム、亜鉛、食物繊維など、他にも挙げるとキリが無いほど様々な成分が摂取可能です。葉野菜だけでなく果物には、ビタミンCやビタミンB群、鉄分、カリウム、カルシウムなども含まれています。

 

ミネラル酵素グリーンスムージーには200種類以上もの栄養成分が含まれており、主要成分が水溶性食物繊維なので便秘解消にも期待が持てます。水溶性食物繊維は、ペクチンなどリンゴの皮に多く含まれている成分です。

 

腸内の余分な水分を吸収し、便を程良い硬さにするとされます。

 

また、市販のミネラル酵素グリーンスムージーは、粉末タイプで簡単に入れられることから1人暮らしの方にも愛用者の多いドリンクです。愛用している有名タレントなども多く、SNSなどでも紹介されています。

 

グリーンスムージーを飲むタイミングはいつが良い!?

ダイエット目的にグリーンスムージーを飲まれる場合には、朝食や夕食の時間帯に飲むことをおすすめします。果物(フルーツ)には糖分が含まれているので、日中にエネルギーとして放出するのが良いというのが理由です。

 

また、朝食代わりに飲むことで栄養分が体に行きわたりやすいというのもあります。グリーンスムージーの体に良い成分は、野菜だけでなく果物も効果を発揮します。

 

果物から摂取出来る成分で体に良いものとして、ビタミンCやビタミンB群、カリウムやBカロテン、マグネシウムやリン、食物繊維など様々あります。

 

これらの成分を摂取することで、便秘解消や新陳代謝の活性化、ホルモンバランスの調整、血糖値のコントロール、活性酸素の抑制が期待出来ます。活性酸素を抑制するのに効果が見込める酵素などは体に必要な成分なので、グリーンスムージーから摂取するのもおすすめの方法と言えます。朝と夕方に飲む場合を比べると、グリーンスムージーは朝に飲む方が良いと考えられます。

 

グリーンスムージーは食物繊維が豊富なことから腸の動きが活発になる朝に飲み、便秘解消効果を発揮すると思われます。理由には便意が起こるタイミングにもあります。

 

正常な排便は、朝起き上がる時からその準備が始まり、緊張感やストレス、コーヒーのカフェインなどが原因となり便意に繋がります。満腹感があるので朝飲むことで朝食代わりになり、デトックス(毒素排泄)以外にもダイエット効果としても期待出来ます。

 

また、グリーンスムージーは体内での消化の妨げになることから、飲んでから最低40分程度は食事を摂らないようにして下さい。グリーンスムージーの効果をより効果的に感じたい方は、なるべく朝に飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

グリーンスムージーは、単に飲むだけでなく飲むタイミングも重要と言えます。

 

飲む時間帯によって便秘対策やダイエット効果なども、より効果が発揮され易くなります。

 

せっかくグリーンスムージーを飲むのであれば、飲むタイミングも意識して継続するよう心がけてみて下さい。

 

 

グリーンスムージー参考ページ

 

このページの先頭へ