グリーンスムージー 栄養

グリーンスムージーに含まれる栄養素について詳しくご紹介しています。
MENU

グリーンスムージーに含まれる栄養

グリーンスムージー

美容と健康に良いと言われているグリーンスムージー。どういった効果や効能が期待出来るのでしょうか。グリーンスムージーに含まれる栄養素などについて記載しています。

 

グリーンスムージーとは

グリーンスムージーとは、アメリカのローフード研究家が考案した野菜とフルーツの豊富な健康栄養ドリンクです。生の緑の葉野菜とフルーツと水分をブレンダーで混ぜたドリンクです。

 

期待出来る効果には、がん予防や心血管障害、ダイエットなどが挙げられます。作り方も簡単で、材料もスーパーなどで全て揃います。

 

自分で作る以外にも、ミネラル酵素グリーンスムージーなどの粉末タイプを購入することが出来ます。

 

市販の粉末タイプなどだと、朝の忙しい時間にも素早く飲むことが可能なためおすすめです。

 

グリーンスムージーの特徴

栄養価が高い

グリーンスムージーは野菜ジュースとは異なり、野菜を絞らず粉砕したものです。加熱処理もしません。そのためビタミンやミネラル、酵素や食物繊維が豊富に含まれています。

 

食物繊維が豊富

食物繊維は、腸の働きを活性化し便秘解消に一役かってくれます。

 

消化しやすい

消化されにくい繊維なども粉砕してドリンクとして飲めるため、胃腸に負担をかけずに野菜に含まれる栄養を吸収することが出来ます。

 

簡単につくれる

簡単に作り、飲めるのもグリーンスムージーが人気の理由と言えます。市販のものは粉末を水で溶かすだけです。

 

美味しく飲める

そのままでも美味しく飲めますが、アレンジ次第で自分に合った飲み方が出来るのも、グリーンスムージーの良いところです。ヨーグルトなどを入れても良いですし、好きな果物(フルーツ)を追加しても良いでしょう。グリーンスムージーは、生の葉野菜を使うことが最大の特徴です。

 

葉の部分には美容と健康によいとされる成分が豊富で、バランスよく効率よく栄養素を摂取できます。満腹感も得られデトックス効果もあるため、ダイエットや美肌に最適です。

 

グリーンスムージーに含まれる栄養

グリーンスムージーからは非常にたくさんの栄養を補給することが可能です。

 

市販のものを購入せず、自分で作る場合では入れる野菜と果物によって成分も微妙に変わってきます。果物(フルーツ)にも様々な栄養が含まれていますが、グリーンスムージーでよく使う葉野菜を紹介すると、小松菜、ほうれん草、明日葉、チンゲン菜、モロヘイヤ、水菜などが挙げられます。

 

これらに含まれる栄養成分は、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、ビタミン、ミネラル、食物繊維など非常に多くあります。ビタミンは疲労回復や肌の状態にも影響しますし、ミネラルは代謝の促進などが見込めます。

 

食物繊維は便秘解消などに効果があり、カルシウムは骨粗鬆症にも良いと言われています。特に、モロヘイヤの栄養は非常にたくさんの効果を発揮します。カルシウムはほうれん草の9倍あり、ブロッコリーの10倍含まれています。

 

ビタミンも含まれていて、ビタミンEは野菜の中ではナンバー1の含有量です。旬は7月から8月なので、夏の野菜としてドリンクに入れることをおすすめします。

 

このように、グリーンスムージーには非常に多くの栄養があります。グリーンスムージーと野菜ジュースの違いといえば、栄養の豊富さだと思います。

 

グリーンスムージーは、市販の野菜ジュースのような加熱処理も行いません。加熱すると栄養やビタミンが失われるため、野菜や果物の栄養を最大限に摂取するにはグリーンスムージーなどで飲むのがベストな方法と言えます。

 

まとめ

グリーンスムージーには様々な栄養素が含まれています。

 

継続して飲むことで健康面だけでなく、美容にも大きな影響があります。美肌効果やダイエット効果です。もちろん健康面でも効果が見込め、便秘解消、冷え性改善、血行促進、代謝の活性化、活性酸素の抑制、血糖値のコントロールなどが挙げられます。高血糖、糖尿病、がん予防など病気予防にも影響してきます。
グリーンスムージーには栄養が豊富なので、是非、継続して飲み続けてみて下さい。

 

グリーンスムージーは粉末のマジカルスムージーがおすすめです^^

 

参考記事

 

このページの先頭へ